身長 伸びない ストレス

ストレスは身長に影響する!?伸びないのは親のせいかも…

ストレスは身長に影響する!?伸びないのは親のせいかも…

 

親が子供の成長を心配するのは当たり前のことです。ですが、心配しすぎるせいで逆に子供の身長が伸びないという事態を招いてしまうこともあるんです。

 

 

今回はそんな親として結構やってしまいがちな「間違い」を詳しくご説明したいと思います。これって意外と多くの親御さんがやっていることだと思うので、注意してみて頂ければと思います。

 

 

食べれないことで怒るのは逆効果!

ストレスは身長に影響する!?伸びないのは親のせいかも…

 

ついついやってしまいがちなことなのですが、せっかく子供の成長のことを思って不慣れな料理を頑張ったのに、好き嫌いや偏食で全く食べてくれなかったときって怒ったりしていませんか?

 

 

私も同じような経験があります。もちろん食事の時間にふざけていたり、遊んでいたりすればそれは別の話です。

 

 

ただ、偏食や好き嫌いで食べないお子さんも多いはずです。すくすく成長するためにしっかり栄養を摂ってほしいという親の思いや、「せっかく作ったのに…」という悔しい思いもあるでしょう。

 

 

確かに感情だけで怒るのはよくありませんが、実際に子供に必要な栄養が分かっているのは親だけですし、それが満たせるような料理を作ろうと努力します。

 

 

このような想いがあって子供にはしっかり食べてほしいですよね。

 

 

でも食べてくれないことによって子供を怒ったりすると子供はどのように感じるでしょうか…。

 

 

まず、食べれないことに対して苦痛を感じますよね。それがたまにならまだ大丈夫かもしれませんが、毎日となると子供は食事自体にストレスを感じるようになります。そうなってくるとせっかく楽しい食事の時間が苦痛になってきて嫌いなものを食べようとする意欲すらわかなくなります。

 

 

確かに嫌いなものを我慢して食べることも大切です。ですが、食べれないからといって怒ってしまうと子供にとっては悪影響でしかないのです。その理由はこれから詳しく説明します。

 

 

実は「ストレス」は成長ホルモンの分泌を悪くする!

ストレスは身長に影響する!?伸びないのは親のせいかも…

 

研究の結果からストレスが成長ホルモンの分泌を悪くするということが証明されています。

 

 

成長ホルモンは身長を伸ばすために非常に大きな役割を担っています。これは低身長症という病気の治療方法から見てもらうとよくわかりますが、低身長症を改善するためには成長ホルモンを直接投与するぐらい重要な体の成分です。

 

 

だからどのような参考書や情報を見たとしても、身長を伸ばすためには必ず成長ホルモンの分泌を多くすることが必要です!と書かれています。しかし、ストレスはそんな成長ホルモンの分泌を減らしてしまうのです。

 

 

本来なら、しっかり栄養を摂ることで身長が伸びやすい体づくりをすることができます。ですが、親が子供のことを想い過ぎるがあまり、食べれないことに対して怒り続けると、それは逆効果になるのです。

 

 

ストレスは身長に影響する【まとめ】

ストレスは身長に影響する!?伸びないのは親のせいかも…

 

しっかり食べて栄養を摂ってすくすく育って欲しいのは親の願いです。もちろん好き嫌いなく食べることは非常にいいことです。それは身長の伸びにも間違いなく良い影響をもたらしてくるでしょう。

 

 

ですが、食べれないからといって怒り続けるのは間違っています。

 

 

まず大事なのは食事をするということが「楽しい!」と感じることです。楽しいと感じることさえできれば、嫌いなものも次第に食べるようになってくれます。

 

 

子供の成長とは長く付き合っていかなくてはいけません。食べれないことに怒るのではなく、

 

  • 料理を工夫して嫌いな食材の味が分からないように混ぜてあげる
  • 栄養補助食品を使って不足した栄養を補う

 

など、少しでも子供が食事を楽しいと思える空間にしてあげてくださいね^ ^

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

子供の成長に昼寝は必要?夕寝は絶対にNG!その理由は?
子供の成長にとって睡眠は大切です。でも眠いからといっていつでも寝ていいわけではありません。子供に必要なのは昼寝でしょうか?それとも夕寝なのか?解説します。