子供 身長 伸びない

子供の身長を伸ばすための理想的な睡眠時間は?

 

子供の身長が伸びない

「子どもの身長が伸びる理想的な睡眠時間で知っていますか?」

 

 

子供の年齢によって理想的な睡眠時間は違うのですが、睡眠は身長伸ばす上でとても重要なことです。

 

 

「寝る子は育つ!」と昔から言われていますが、これは事実です。睡眠が子どもの身長伸ばすことに大きく関係しています。

 

 

身長を伸ばすのに理想的な睡眠時間を年齢別にご紹介!

 

小学校低学年の場合

 

小学校低学年であれば「平均10時間」です。これを聞いてびっくりされる方も多いと思います。ですが、これは小学校低学年で「必要な睡眠時間」なのです。

 

 

なぜこのような長い睡眠時間が必要なのかというと、身長が伸びる成長期というのは、主に「思春期」から始まります。

 

 

思春期というのは大体、男女ともに10歳前後です。男の子と女の子で少し違うのですが、小学校低学年からきちんと睡眠をとることで、身長が伸びる時期に向けて準備ができます。これがとても重要なのです。

 

 

小学校高学年の場合

 

そして、小学校高学年からは最低でも「9時間半」は寝てください。男女ともに小学校高学年から中学生にかけては身長伸ばすために最も大切な時期です。

 

 

この時期に睡眠不足になってしまうと身長が伸びにくくなります。それだけは避けたいですよね。もちろん子供の意思も大切ですが、身長が低いことで悩んでいるなら、「早く寝なさい!」と言ってあげるのも優しさだと思います。

 

 

中学校の場合

 

そして、中学生になると睡眠時間も短くなってきますが、「最低でも9時間」は寝かせてあげてください。人によって成長期が遅い子供もいます。高校生になっても成長期が続いている子供もいます。

 

 

成長期の準備段階というのはいつ来るかわかりません。それまでに睡眠をきちんと取るという癖をつけておくことが大切です。

 

 

高校生の場合

 

高校生以降になってくると睡眠時間も短くなりますし、身長の伸びも悪くなります。

 

 

身長を伸ばすためには高校生までが勝負!

 

子供の身長を伸ばすためには高校生までが勝負だと思ってください。

 

 

ごく稀に20歳になっても身長が伸びる子はいます。でもそれは例外です。何度も言いますが、最も子供の身長が伸びる成長期は「思春期」です。

 

 

それに向けてしっかり睡眠をとることを心がけてください。

 

 

 

⇒ 私の息子の身長を伸ばすことができた「ある方法」とは?

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加